病院・薬局・医療関連|炭水化物は脳のエネルギー源

【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | <前へ | 1 | 2 |
TOP > 病院・薬局・医療関連 > くりはらメディカルクリニック

炭水化物は脳のエネルギー源


暑い時期は食欲が落ちてしまい、だるくなります。なぜ「夏バテ」が起きるのでしょうか?
人は恒温動物であり、体温を一定に保つための体温調節機能がついています。外気温が上がると、まず皮膚の血管を拡張して放熱し、その後に発汗して気化熱で体を冷やします。
その結果、血液から水分と塩分が失われ、血液成分の濃度が上がり、血液の循環が悪くなります。そうなると、内臓の血液が減り、胃液の分泌量が落ち、胃の機能が下がるため、食欲がなくなり、身体はエネルギー欠乏状態になります。
脳の重さは身体全体の2%程度しかありませんが、摂取カロリーの20〜30%を消費しています。そのためエネルギー欠乏状態になると、脳もエネルギー欠乏を起こし、頭がぼーっとしてくるのです。
このように夏バテが起こります。